お知らせ・ブログNEWS & BLOG

2020年3月10日

厚生労働省 新型コロナウイルスに関するQ&A (企業の方向け)抜粋

logo.jpg

<感染した方を休業させる場合>
Q  労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、休業手当はどのようにすべきですか。
A 新型コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限により労働者が休業する場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に該当しないと考えられますので、休業手当を支払う必要はありません。
1841636_convert_20200310121625.jpg 
<発熱などがある方の自主休業>
Q  労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んでいます。休業手当の支払いは必要ですか。
A 会社を休んでいただくよう呼びかけをさせていただいているところですが、新型コロナウイルスかどうか分からない時点で、発熱などの症状があるため労働者が自主的に休まれる場合は、通常の病欠と同様に取り扱っていただき、病気休暇制度を活用することなどが考えられます。
一方、例えば発熱などの症状があることのみをもって一律に労働者に休んでいただく措置をとる場合のように、使用者の自主的な判断で休業させる場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。
1864526_convert_20200310121701.jpg 
<年次有給休暇と病気休暇の取り扱い>
Q  新型コロナウイルスに感染している疑いのある労働者について、一律に年次有給休暇を取得したこととする取り扱いは、労働基準法上問題はありませんか。病気休暇を取得したこととする場合はどのようになりますか。
A 年次有給休暇は、原則として労働者の請求する時季に与えなければならないものなので、使用者が一方的に取得させることはできません。事業場で任意に設けられた病気休暇により対応する場合は、事業場の就業規則などの規定に照らし適切に取り扱ってください。
なお、使用者は、労働者が年次有給休暇を取得したことを理由として、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならないことにご留意ください。