お知らせ・ブログNEWS & BLOG

2022年4月5日

年金の繰り下げはお得?

老齢年金の繰り下げ【会社役員編】

今回は厚生年金が全額停止されるほどの高い給与をもらっている人に限定して考えてみます。結論はありません。

70歳まで繰り下げると42%増額 75歳だとなんと84%増えます。増えた年金が終身もらえます。

繰り下げをして65歳から受給した場合の額に追いつくのは、70歳開始で82歳、75歳開始で87歳です。ただし、年金が増えると当然ながら所得税、住民税、健康保険料も高くなります。手取額で逆転するにはもっと長い年月がかかりそうです。

どうせ年金はもらえないなら繰り下げて増やした方がいいと思われますが、

  • 停止された部分は増額の対象外である。つまり1円も増えないのだ。厚生年金が支給されないから年金の扶養手当「加給年金」ももらえない。
  • しかし!65歳からは厚生年金が全額支給停止されても老齢基礎年金は満額支給されます。繰り下げ1か月ごとに7%増えていくので基礎年金だけ繰り下げるという手もあります・・・が65歳からもらった場合と同じ金額に追いつくには12年かかります。
  • でも! 厚生年金は全額支給停止されても経過的加算は支給停止されません。(20歳前、60歳以後の基礎年金相当額が厚生年金から支給される。少ない人は数百円、多い人で数万円)※請求しないともらえません

 

65歳時点で請求しなければ年金は振り込まれません。1か月単位で増額されるので、欲しくなったときに繰り下げて請求するか、65歳まで遡って請求するかも選択できます。

お金に困ってなければ、とりあえず放っておくのもいいかもしれません。

それとも65歳からもらって投資で繰り下げ以上の運用を目指しましょうか。NISAの枠内は非課税だし。

井上晴司

編集者:井上晴司

最近の投稿

よく読まれている記事

    まだデータがありません。

カテゴリー

アーカイブ