お知らせ・ブログNEWS & BLOG

2017年10月4日

育休の延長事由

育児休業は、原則として1歳に満たない子を対象として申出ができます。しかし、雇用の継続のために特に必要と認められる場合には、1歳6か月までの延長が可能です。
具体的な事由は次の通りです。
1,申出を行っても保育所の利用ができない。
2,配偶者が死亡、傷病で養育不能、別居、産休の開始のいずれかに該当する。

法改正により、今年10月1日からは2歳までの再延長もできるようになりました。

育児・介護休業規程の変更はお済みですか?